読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tom's eye

新しいマーケティングの視点で世の中を見る

tom's eye 0. これから世の中どうなるのだろう。僕たちはどう幸せを掴めるのだろうか

さて、始めるとするか。

私、sudotomは、ブログなるものに初めて挑戦します。(力入ってるなあ)

何を書きたいのかと言うと、これから世の中どうなるのだろう。僕たちはどう幸せを掴めるのだろうかということ。

実は、僕はついこの間まで博報堂という広告会社に35年勤めていた。なので結構、初老なおじさんである。

で、そこでは入社以来ずっとマーケティングという職種で働き続けた。最後の15年は、ずっと海外というおまけ付きでもあるが、お陰様で、地球規模で世の中の動きやこれからどうなるとかいう話題についてはちょっと一家言ある。

もうひとつ自分の特徴を言うと、博報堂という会社は、生活者発想という理念を持っており、そこで35年やってきたことで、生活者側からものを見るという癖がついている。

マーケッターの世界は、自分たちの商品をいかに消費者に売るかが勝負なのだから当然ながら、企業側からものを見る人が多い。

人々の生活から見てマーケティングを語るというのは、ありそうで、これ結構ないんだよね。

なので、その辺の目線というか、スタンスで語っていきたいと思う。

では、自己紹介はこれくらいにして…

 

初めてのお題は、

「I oT = Internet of Thingsって何だ?」

 

安倍首相が産業界のお歴々を招いて、「第4次産業革命を勝ち抜いて日本を躍進させたい」 と表明したのは今月11月(2015年)のこと。

第4次産業革命とは、少々仰々しい。ITの時代と言われて久しいが、一体これまでとどう違うのだろうか。誰しも気になる所だろう。

僕が思うに、そのキーワードになるのが、IoT(アイ・オー・ティー)なのだ。

わかりやすく概念図で説明しよう。

よくインターネット以前・以降で世の中違うと言われるが、僕もそう思う。

インターネット以前の世の中を一言で言うと、地球上の情報が偏在し、人は限られた情報の中で判断し、物事が動いていた時代だ。(図A参照)

f:id:sudotom:20151111213147p:plain

で、インターネット以降、世の中がどうなったかというと、一つは情報が芋づる式に個人の手に入るようになった。これはご存知の通り、Googleの貢献が大きい。

そして、もう一つは、Facebookに代表されるソーシャルメディアの普及によって、人が発する情報によって、より多くの人と人とがつながるようになった。(図B参照)

これによって、人は地球上にあるあまたの情報を手にし、自分周辺の人ネットワークの拡がりを活用しながら、生活やビジネスできるようになった。

f:id:sudotom:20151111213645p:plain

 

では、第3章で何が起きるのか。それが「IoT」だ。

 

「IoT」とは、「もの」にも情報が纏わせるということだ。

図Cのように、あらゆる「もの」にセンサーが配置され、それが発信する情報により、つながっていく

第3章、すなわち第4次産業革命とは、一言で言うと、全ての「こと(情報)」、「人」、「もの」がつながる世の中になるということだ。

f:id:sudotom:20151111214510p:plain

 

では、そのような事態が起きると、生活はどう変わるのだろう?

 

家電製品がインターネットでつながるのをスマート家電と言う人がいるが、スマートというのは、ものがより賢くなるという意味。

生活者側にとっては、より便利な商品、サービスが生まれるということ。痒い所に手が届くようになる商品、サービスが世の中に溢れてくるということだ。

結構なことではないか。

が、メーカー側から見ると、今そのような商品が世の中にそうそうあるわけではない。いや、ほとんどないと言っていいだろう。

これから、いっせいのせで熾烈な開発競争が始まるのだ。

この前、奈良先端大学のフォーラムを拝聴する機会があったのだが、そこで偉い先生が予測するには、東京オリンピック時には、相当、社会の様相が変わっているのではないかとのたまっておられた。

やはりこれから、僕らの生活は相当変わりそうだ。

でも、作り手の方は大変なことになるぞ。その辺はまた後日。

(2015年11月11日)