tom's eye

新しいマーケティングの視点で世の中を見る

​tom's eye 28. 働き方改革 2方向

働き方改革は、雇用形態を二つに分けて考える必要がある。

一つは、定型化した業務中心の労働力としての雇用

もう一つは、創造的な業務中心の成果を上げるための雇用

今、議論すべきは後者。

ワークスアプリケーションズCEO 牧野氏(2月25日 日経)より

 

僕も「創造的な働き方とは」に想いを巡らせている方だったが、 ふと思ったのは、とは言え、前者の類いの労働は必要だし、残る。

しかも、今後AIの導入で人員削減の圧力に晒される層だ。

このセグメントのモチベーションと経済力をいかに維持し、高めるかも社会的に重要な課題ではないか

 

          f:id:sudotom:20170309080724p:plain