tom's eye

新しいマーケティングの視点で世の中を見る

tom's eye 52. AIとどう付き合うか

AIが雇用を奪う恐怖に関する記事が喧しいが、

 

「自分がAIを使う側になる」と考えると状況は一変する。

 

例えば、自分の業務にAIを組み込むことで生産性を劇的に上げることができる。

 

結果、自分の時間が増える

 

そこを何に使うかが問われる時代になる。

 

仕事では、AIにできない価値づくりに没頭する

 

自由時間では、自分の好きな事に没頭する

 

この二つがテーマになる。

 

          f:id:sudotom:20170511092943p:plain