tom's eye

新しいマーケティングの視点で世の中を見る

tom's eye 番外編 中国人とは㉑ ニーハオトイレ今は昔

中国のトイレ事情、皆さんはご存知でしょうか?

 

「中国ってトイレに塀がなくって、用を足している時お互いの顔を見ながら、

『ニーハオ!』 って挨拶できるんでしょ?」という話題、

一度は聞いた事があると思います。

 

「ニーハオトイレ」はプライバシーと恥の文化を併せ持つ日本人にとって踏み絵のような所業ですね。

 

しかし実際のところ、中国トイレ事情はかなり進んでいます。

ある程度の都市なら街中の百貨店や食堂はほとんど個室の和式風トイレ。

空港やホテルなどは洋式が主流で、キレイなトイレも増えつつあります。

 

中国のトイレの弱点は「水力」

流す水の勢いが弱くて詰まりやすいので、

用を足したらまず一流し、

紙で拭いてまた流すの「二段流し」が安心でしょう。

 

またトイレ設備が進歩しても、トイレマナーの方はまだまだで、

便座に足をかけて用を足す人がいたり、

便器からオシッコを豪快に外す人がいたりで、

汚れている事が多いです。

 

飲みすぎてトイレで吐く時は、くれぐれも便器に手をつけたりしないよう注意したいところです。

 

また内陸の小都市ではまだまだ爽やかな挨拶が交わせるトイレが多いので、

視察などで街中に出る時はあらかじめホテルで用を足しておくなどの

「トイレマネジメント」が重要です。

 (筆者のもうひとつのブログ 笑うチャイナ より転載)sudotom.hatenadiary.jp

 

 

               f:id:sudotom:20170721083902p:plain