tom's eye

新しいマーケティングの視点で世の中を見る

tom's eye 111. 選挙で圧勝後、新安倍政権は何が問われるか

2018年10月22日の選挙で自民党が圧勝し、安倍政権の続投が決まった。

あまり政治の話は自分の守備範囲ではないが、一つ感じていることを記す。

個人的な関心は、国民の期待や関心は何に移るだろうということ。

消費税の使い道変更、全世代型社会保障への転換だろうか。否

筆者は「賃金の劇的上昇」だと思う。

 

20日の日経新聞に面白い比較が載っていたので、それを整理してここでご紹介すると、

アベノミクスの4年間は民主党時の3年間とどう違うか

GDP 年率1,1%(民主党時 1,8%)→ 民主党時の方が高い

②雇用正規+20万、非正規+210万(民主党時 -50万、+80万) → アベノミクス時が、200万人多い

③所定内給与上昇率 0,5%(0,4%)→ トントン、双方とも低迷

④加えて、アベノミクス時は、株価2倍、地価の上昇が特徴。

 

つまり、アベノミクスを総括すると、

圧倒的に雇用を増やしたことと、金融資産を増加させたことが成果だ。

 

だから、資産を持ってる富裕層が得したなということと、

でも自分の給与は上がってないから実感のわかないというサラリーマンが大半

というのが今の国民の感覚だろう。

(雇用の大幅増という面では、民主党時のような失業の恐怖からは免れたけどね)

 

今後は、この実感のわからないサラリーマンの給与をいかに劇的に増やせるかどうかが勝負と予想する。

 

  

     f:id:sudotom:20171022211550p:plain