tom's eye

新しいマーケティングの視点で世の中を見る

tom's eye 15. 今後のマーケティングの焦点

今後のマーケティングの焦点は、リアルメディアピープルとネティズンとの融合ではないか。

ネティズンと言うと、部屋にこもってネットばかりやる人という暗いイメージがつきまとうが、そうではなく、インターネットを使いこなす人たちと捉えると、これからのスタンダードだ。

年数を経れば、必然的に一体化するであろうが、今から着手する企業は先行優位を築くことができる。

分離している今だからこそ、ネット企業はリアルに、リアル企業はネットに打って出るべき。

今後、合併も起るだろう。

それを生活者側に立って見ると、日本は60歳以上が3分の1を占める高齢者大国。

彼らはリアル側に立つ。

その彼らをネットの世界に引き込む仕掛けや仕組みというのは、企業や国家として先端に立てる大事な施策ではないか。

 

                                              f:id:sudotom:20170302175613p:plain